英語力を独学で身につけるとなれば基本は地味な勉強しかない。
 時間があればネットで海外のニュースサイトを読んで情報を集めるのが基本だろう。

 留学したら素晴らしい英語力が身についた!というのは幻想でしかない。
 MBAのために海外の名門大学に留学も最近はどうも下火になっているといえば下火になっている。

 仮に海外の名門大学でMBAとかPh.Dを得て博士号を得ても高学歴ワーキングプアになるのと同じリスクはいつもある。

 ともかく、基本は独学。
 お金がないので英語が学べない、ということはない。

 逆にお金がない状態で時間があるならば無料で海外の英語ニュースでも英語ブログでも時間があればどんどん読めばいいし、読んで気になったことを翻訳してブログで海外ニュースみたいに書けばいいだろうか?

a1150_001304

 最近は別のブログもやっていてもう少しで目的を達成もできそうなのだが、結局、ブログも地味に書くからそこそこアクセスも集まるし、PVも増える。

 同じように英語だって地味にブログを書くように勉強していく継続性が大切なわけで、すぐに手っ取り早く翻訳家とかネイティブスピーカーの優れた英語が身につく!などということは残念ながらない。

 もし、時間があるのであればブログをコツコツ書くように英語の勉強を継続するしか方法はない。

 安易にすぐにTOEICとかTOFELでハイスコアなど、結局、付け焼刃の就職活動向けのお茶を濁すような話でしかないので余り意味はないというか、本当に使える英語なのか?は疑問ではある。

 機会があれば海外の英語サイトをみて自分が関心があるテーマの記事を英文で読む習慣を慣習化する。

 ブログを書くのが習慣であるみたいに英語の勉強法だって自分で慣習化していくことでしか、いい結果は出ないような気がするのだが。