最近の有名大学の英語力は昔と事情が違うらしい。

昔は有名大学の上智大学といえば英語力は保障されていて折り紙つきだったらしい。

しかし、どうも最近は有名大学の英語力ですら危ういという意見もまた多いようだ。

特にAO入試で有名大学に入学した人の英語力が壊滅的だ・・・という意見もあって、企業の人事も学歴とか英語力は疑ってかかるというのも理解できる。

a1180_014411


曰く、漢字の読み書きも満足ではない三流私立高校の女の子が受かった立教。

be動詞と一般動詞の使い分けも出来ない、中1レベルの学力も怪しい男子が受かった関西学院大、etc。
 
かつては、入るのが難しく、出るのが易しいといわれた日本の(私立)大学。

これの反省に加え、進む少子化社会の中での大学経営を考えた末のひとつの選抜方法ではあるのだろうが、現実に、上に書いたような連中まで受け入 れて、それで彼らがいっぱしの大学生でござい、といった顔をするのであれば、これはもうその時点で大学としての質を維持することを放棄しているのではないか。

AO入試悪玉論

 AO入試は実は有名大学のブランド商法でしかなくて、有名大学で私立大学だって経営を維持しないといけない!となれば学力がなくても学生の確保が先決!という事情もある。

 もちろん、自分にいわせれば有名大学の学歴があるから英語が身につく!ということはない・・・と思う。

 有名大学でも英語が壊滅的に駄目な学生で就職もできない人もいるし、別にFランク大学でも努力して海外留学で使える英語を身に付けたり、独学で翻訳力を身に付けている人はたくさんいるはずなのだ。

 しかし、残念なことといえば有名大学の学歴でAO入試で入学した学生が勉強する意思がなくて単に有名大学の学歴だけが残って後は何もない!という悲劇・・・なのか?とも思う。

 何かこの辺の事情は英会話学校や海外留学をすれば英語が身につく!みたいな幻想に近い・・・のだけれども英語の勉強も結局、有名大学に入学すれば身につく保証などない。

 結局、英語の勉強も地味な仕事なのであって、地味なことの繰り返しがいい結果を生むとしか私はいえない。

 余り有名大学の学歴に固執しても無駄であるし、AO入試で有名大学に入学しても学歴がないことを痛感したら自分で勉強して独学こそが王道ではあるまいか?

 自分も最近、英語の勉強は独学であって簡単に有名大学の学歴で答えを出してくれることではない・・と思うことが多い。

 ともかく・・・時間があるさいにコツコツと英語は勉強する。地味なことの繰り返しが成功の秘訣なのではないだろうか?