英語の独学への道

めざせ!英語の独学!英語が分かるためには何よりも本人の努力と慣れだ!* 現在、ベータ版です!

アメリカ南部の音楽

アメリカのキリスト教を考えるブログも運営していました。

http://blog.livedoor.jp/csmradio/

レーナード・スキナードのサザンロック:The last rebel


アメリカのサザンロックの殿堂・・・・それはレーナード・スキナード。

The last rebelの歌が物悲しいエレジー・・・

しかし、冷たく氷のように美しい歌詞が魅力でもある。


続きを読む

レーナード・スキナードのサザンロックでアメリカ英語を知る!


南部のサザン・ロックでレーナード・スキナードは殿堂というか大御所という評価もある。

今も南部連合旗をコンサート会場で掲揚して音楽を表現しているスキナードなのだが、映画の『フォレスト・ガンプ』のエンディングにも『SWEET HOME ALABAMA』が登場したりして知っている人もいるかもしれない。

アメリカの白人のミュージシャンのレーナード・スキナードなのだがYOU TUBEでリアルなロックミュージックのライブ動画を閲覧すれば英語やアメリカ文化に関してきっかけを持つこともある・・・と思う。

 
続きを読む

アメリカ南部の音楽のディキシーの英語字幕で英語学習!


Dixieというアメリカ南部の伝統音楽の動画に見事に英語の字幕がついていて英語の勉強になる動画をみつけた。

アメリカの国歌の『星条旗は永遠になれ!』と同じような扱いを受けているのがこのディキシーという音楽でアメリカ南部では今もこちらの方が正しい国歌という位、愛国的なアメリカの白人が多い。

銃と西部劇のアメリカのようなディキシーなのだが、陽気なアメリカ南部音楽で日本人にもファンもいるといえばいる。


続きを読む

アラバマ州のカントリー・ミュージックでアメリカ英語に感心を持つ!


アメリカの南部のアラバマ州の音楽で英語の字幕付きのYOU TUBEの動画が見つかったので今回、紹介。

song of the south, alabama W/lyrics というカントリー・ミュージックの一種なのだろうがアメリカ南部の明るいイメージを英語の歌詞もついていてうまくまとめてある。


続きを読む

ハンク・ウィリアムJrのカントリー・ミュージックで英語の勉強のきっかけ!


アメリカ南部の音楽といえばカントリー・ミュージックが本流でもある。

アメリカの音楽といえばロック・ミュージックが一番、日本人のイメージする音楽の定番でもあるが、実はアメリカでは一番の人気はロックよりもカントリー・ミュージックだという。

アメリカの『ビルボード』などの英語サイトで人気ランキングにロックよりカントリー・ミュージックということもしばしばおきていてアメリカではカントリー・ミュージックこそアメリカの音楽の荒ぶる魂・・・と考えている人も多い。

日本でもカントリー・ミュージックの音楽が好きな愛好者がいるが、あくまでマイナーでマニアでしかない。

しかし、アメリカではさすがに本流なのでカントリー・ミュージックはメインストリームと考えておくと英語が好きになるきっかけになるだろう。


続きを読む
  • ライブドアブログ